昔に憧れた仮面ライダー、義憤と実力の格差に苦しんだ末日

男子なら誰でもあこがれるモラルのヒロインですが、私の実態、仮面ライダーでした。まことに、小学6年頃までどうしたら転身できるか考えていました(笑)。ただ憧れていたのではなく、「情けない人を助ける」という義憤が非常に強かったのです。ただし、現実はボディもいっぱい低く、しょっちゅう伸長の順で1,次で、当然ながら揉め事も深くありませんでした。小学6年生のある下校シーン、近所で仲の良い男子が、学校の部門で数個に殴られているのを見掛けました。とっさに、義憤が作動し調停へ。結果的には、ライバルが下級生だった事もあり、反撃に合わずにヒロイン的フィナーレで終われました。事後、表情が晴れ上がった近隣を住居まで送ったのですが、わが乳幼児の変わり果てた表情を見て動転した女の子が、自身にかけて「なんて物事したの!」とキレられました。至急緊急車種を呼ぶ騒ぎとなったので、自身は説明する機会もなく帰宅し、後に本人が説明してコンディションを理解した女の子が詫びに来た事が有りました。ちょこっと逸れましたが、「もしも、反撃されてたら」と後ほど考えたシーン、その容易に想像できるフィナーレからまぶたを逸らそうとしました。自分のヒロインが崩れるからです。そんなもろいヒロイン気取りが、ハイスクール1年生の時の事です。生まれて初めてのデートをしました。車両で動画を見て、彼氏を住居までおくる途中のときの事です。私の名称を呼ぶダディーの意見がしました。たまたま見ると、中学校の同級生で、当時悪だった2人。至急用件がビジョンでき、彼氏の住居もほど近いゾーンだったので、慌てて彼氏に「じゃ、ここで」と別離して2人の所へ。手持ちの3000円を引き取りた帰路、今まで経験した物事の無い様な引け目に襲われました。自分が凄い不満で、消えたく達する辺りでした。マネーではありません。仮に、彼氏の昔だったら、「恥をかく」だけならともかく、「彼氏に害悪」が及ぼうとした場合助かるテクノロジーが無い事を突き付けられた事です。ヒロインどころか、目の前の切なパーソンも守れない。この時に覚醒しました。本当のヒロインになると。以後、今まで動揺が邪魔して踏み出せなかったのですが、空手を始め30年頃程になります。今では、お年は48年代ですが、インプレッションもマッスルで何処に行っても絡まれたりする事すらありません。何しろそんな人達は体裁で判断するのですね。自分に自慢を身に付けた頃には、実戦始める機はありません。それでも、長時間やってわかったのですが、自分が強くなるあたり、安易にパーソンに戦略は出せなくなり、結果的に謙虚になります。目視を分かってる物事と逆に苦痛も知るからです。なので、自分のキッズにも今は教えてある。それは、ヒロインになる結果でなく、「大切なパーソンを続ける」、「誠実さ」の為」です。http://blog.mindoverflow.info/